[スレッド全体]

[97] 簡易保険の解約 
2001/12/12 (水) 11:31:36 つかえ
pdf7e87.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)
結婚8ヶ月目の主婦です。現在それぞれ保険に入っていますが、
月々の保険料の支払いが負担のため見直しを考えています。

主人はS生命の「5年ごと利差配当付ステップ払終身保険」で死亡保険金1500万(内終身部分100万)。
私は簡易保険の終身で死亡保険金400万(65歳以降に5年ごとに換金される)。特約は5日目から病種により補償額は異なります。

現在主人が11、343円/月で、私が12、600円/月です。
上記金額は来年1月からのもので、結婚した時に私の保障も入れたので、S生命には今月まで19、500円/月払っていました。
できれば二人で2万円(以下であれば尚良し)にしたいと思っています。

簡易保険は安定していそうで、特約が60歳払込以後、生涯保障してくれる点と、老後に少しずつ換金される点が気に入って加入したのですが、特約の部分は「入院」と「手術」ぐらいしか保障されてないため、結局本当に必要になる時(老後)に果たしてこの内容は終身保障として役立つのか不安になって来ました。
結局、他商品と組み合わせないといけないんだとすると、この12、600円は今後負担になってくるような気がします。

2社に相談したところ、
S生命は「簡易保険は解約すべき。妻に終身は必要無い。これからお金もかかるので安い掛け捨てと個人年金にして保険と貯蓄を分けた方がよい。税金面でもお特。」介護保障も薦められました。
終身は期間まで下ろすことが出来ないので不便だ、お金の余裕が出たら終身に変更すればよい。ということです。

一方、T損保は老後のために若いうちに終身に入ることを薦められました。
「簡易保険は減額して続けた方がいい(解約すべき出ない)。差額を他商品の特約に当てる。」
「夫の現在の保険は終身は少なすぎて掛け捨てが多いので無駄。同じ支払額(19、000円)で終身部分を多くすべき。」

2社の意見が全く逆なので、どうすれば最善なのかがわからなくなってしまいました。
両者の意見とも納得はできるのですが、結局は自社の有力商品を売りたいだけなのでは?とつい疑ってしまいます。

取り敢えず、わたしの簡易保険をどうすべきか、ご相談に乗って頂けますか。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79