[▲前のスレッド]

[78] 切羽詰ってます! 
2001/10/2 (火) 10:01:47 くまちゃん
px1.hitachi.co.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)
1999.12にS社の保険に入りました。(当時32歳未婚)
月々\15000程でしたが、団契扱いで\13000位に変わりました。
終身と特定疾病保証保険(15年)といった形で主契約と特約を含め13項目あります。
2001.9に友人の紹介で外資系のP社の保険に入りました。(当時33歳未婚)
月々\15000程で21年目以降は\12000程になります。
積立利率変動型終身保険65歳払込済リビング・ニーズ特約付というもので、特約が4項目あります。
お互いがフェアであって欲しかったので、S社を解約する時にP社の証券を見せました。
「辞めるのは簡単だけど、ウチの方がいいから考えて」と言われ、検討し早急に連絡をしないといけません。(S社は既に天引きをストップしてもらってます)
私もいつまでも独身という訳ではなく、外資系のP社を受ける時も「近いうちに結婚して地方に行くと思う」と条件は出しました。
もう1人では検討の仕様が無いので、どうか助けてください!

[79] Re:保険は冷静に判断を 
2001/10/7 (日) 20:06:31 KennyHomePage
ip86-112.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ くまちゃん

 保険を考える前に、自分のライフプランをまず考える必要があります。その中で、保険に期待する役割をよく見直すことです。結婚したら、働き続けるのか?子供はいつ頃なのか?などなど。結婚後の保険のあり方(つまり相手の人がどんな保険にはいているか)も考える必要もあるでしょう。

 S社をP社に変更するにあたり、なんらかの理由があったはずです。その理由が今でも「そうだ」と思うのであれば、人情だけで、お金を払い続けるのは、あまり感心しません。

 いずれにしろ、生命保険の中だけで選択をするのではなく、ライフプラン全体の中で、どのようなお金の使い方、貯め方をしたら良いのか考える必要があるでしょう。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79