[スレッド全体]

[106] Re:遺言で相続する場合 
2001/2/12 (月) 17:10:32 Kenny
ip86-5.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
▼ 未来さん

 書き込み有り難うございます。
 両親・子供・配偶者・祖父母・兄弟姉妹がいない場合、叔父・叔母・いとこがいれば、それらの人が相続人となります。相続する人が誰もいないということになると困りますからね。
 しかし、遺留分というのは配偶者、直系尊属、直系卑属にのみ認められています。つまり、子供はいなくても孫がいれば、遺留分権がありますが、兄弟には遺留分権がありません。
 ですから、遺言でお世話になった方々に遺贈することは可能ですが、トラブルが起きないよう生前、または遺言の中で配慮する必要もありましょう。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79