[スレッド全体]

[155] 指定相続人と相続税 
2001/4/30 (月) 02:47:33 MIDNIGHT
spider-mtc-ti062.proxy.aol.com / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; AOL 6.0; Windows 98)
こんにちは。
父が相続した財産について、ややこしくてよく分からないのです。
祖母が亡くなり、遺言書では父(長男)が指定相続人となっています。
祖父、父の兄弟(次男、長女、次女)は遺留分放棄しています。
(そのかわり父は祖父の遺産を遺留分放棄して、その分は他の兄弟へとしています。)
祖母の遺言書は「(ある場所の)土地建物を父に相続する」というものでしたが、その土地を売却するため遺言書を書き直し「売却して得た現金また預貯金」としました。
そして売却して1ヶ月もたたないうちに祖母が亡くなり、その税金は4ヶ月以内に払わなければならないんですよね?
来年度の確定申告で納めるのはその土地売却で得た金額の税金を除いた、その他の祖母名義の預貯金等に関してになると思います。
控除について、父が一人で受け取るので基礎控除は6000万円となると思うのですが、祖父はまだ生きていますが遺留分放棄していて配偶者控除は受けられないので、それにかわる控除というのはあるのでしょうか。
上記の考え方であっているのでしょうか。
また節税対策はあるのでしょうか。
土地売却で得たものは銀行にだけでなく、現金でも手元にあります。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79