[741] 相続税法の法定相続人について。 
2005/9/19 (月) 23:56:11 さくら
i58-89-122-164.s02.a021.ap.plala.or.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
Aとその妻BとAの子CとAの孫DとEがいるとします。

Aが死んだら相続税を支払うのは受け取るBとCだと思います。

もし、Cが欠格だとすると、代襲相続によりCの分をDとEが平等に相続できると思います。
このとき、相続税を支払う人は、BとDとEになるのでしょうか?

たとえば、Cが相続を放棄した場合は、その放棄がなかったものとして、法定相続人はBとCの2人となりますが、欠格など代襲相続ができる場合においては法定相続人の数は何人になるのでしょうか?

わかりにくい説明ですみません。よろしくお願いします。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79