[▲前のスレッド]

[111] 相続税について 
2001/2/27 (火) 16:55:20 NABE
210.225.97.35 / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
父が亡くなり相続税の申告をしなければなりません。次の項目についてお尋ねします。
家族構成は、配偶者なし。法廷相続人(長男同居1名、他2名は嫁にいっている)
土地455平方メ、路線価18万(平方メ)、生命保険金2000万が長男受け取り名義。1000万は受け取り人指名なし。
家屋は建坪40坪、築27年。貯金500万。同居の長男が土地と家屋を相続予定。
他の不動産、負債はなしです。

1。土地455平方メありますが、200平方メまでと201〜455平方メまでは課税方法が違うのですか?。
2。長男が生命保険の2000万の受け取りになっています。他の1000万円の保険は受け取り人の指定がありません。その場合
   保険控除の適用は1500万(500万x3)になりますか。
3。同居の長男が土地と家屋を相続予定ですが、他の2名は生命保険の1000万円のみの相続の時の相続税は、上記条件で
   どのくらいになりますか。教えてください。



[112] Re:相続税について 
2001/2/27 (火) 20:56:17 Kenny
ip84-195.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ NABEさん

 書き込みありがとうございます。

1.小規模宅地の減額特例は、200平米までが80%減額となります。ですから、価額18万円の土地455平米に対する課税価額は、
  18万円×200平米×(1−0.8)+18万円×(455平米−200平米)となり、5310万円となります。
2.生命保険料控除は、法定相続人1人500万円ですから、3人で1500万円となります。
3.NABEさんが書かれている内容が、財産のすべてとすると、課税価格は
  (土地 5310万円 + 生命保険金 1500万円 + 貯金 500万円)=7310万円 それに家の分が足されることになります。
  一方、基礎控除額は
  5000万円+(法定相続人×1000万円)ですから、8000万円ということになります。
  ですから、家の価格が 8000万円−7310万円=690万円以下であれば、税金はゼロになります。
  ちなみに家の評価額は、固定資産税評価額が価格となります。


[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79