[▲前のスレッド]

[116] 減価償却について 
2001/3/13 (火) 16:10:11 エリ
d004016.ap.plala.or.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)
昨年末、主人が亡くなり、遺産が控除額を超えたため
相続税の申告をすることになりました。税理士さんには頼まずに
自分で相続税の計算をしているのですが、車、家財道具の計算で
行き詰まってしまいました。税務署に問い合わせても、減価償却の
計算までは教えていないと言われました。やはり、専門家の方にお願い
した方がいいのでしょうか?

[119] Re:減価償却について 
2001/3/15 (木) 22:13:42 Kenny
ip85-163.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ エリさん

 減価償却費の計算だけであれば、ホームページの中にも詳しく説明しているものもあります。また、計算用のソフトも売られていますが、減価償却費の計算を含め、相続税の計算なども考えれば、税理士さんにお願いするのも一案かと思います。

[127] 配偶者の税額軽減について 
2001/3/18 (日) 16:00:19 エリ
d004014.ap.plala.or.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)
ご回答ありがとうございました。

法定相続人が息子と私の2人で、息子が2歳なので相続放棄というかたちをとりました。
この場合、基礎控除額7000万円と配偶者の税額軽減の16000万円で合わせて23000万円までなら
申告しなくてもいいのですか?

[128] Re:配偶者の税額軽減について 
2001/3/18 (日) 22:47:31 Kenny
ip84-161.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ エリさん

 法定相続人の数が、エリさんと息子さんだけであれば、基礎控除額は書かれている通り7000万円です。
 
 配偶者の税額軽減は、基礎控除とは全く別の考え方です。つまり、相続財産から基礎控除額を除いたものに課税されますが、それには関係なく配偶者の課税価格(基礎控除を除く前の価格)が1億6000万円以下であれば、税額がゼロになる制度です。ですから、プラスして2億3千万円ではありません。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79