[▲前のスレッド]

[117] 法定相続人について 
2001/3/15 (木) 09:40:23 山田 太郎
tproxy11.tepco.co.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 95)
被相続人(平成13年1月死亡)は、妻(死亡)なし
子供なし・両親(死亡)なし・兄弟(死亡)なしです。
直系親族で、生存しているのは、
被相続人の甥2名・姪1名です。

上記条件の場合、法定相続人は3名になるのでしょうか!?

[120] Re:法定相続人について 
2001/3/15 (木) 22:24:50 Kenny
ip85-163.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ 山田 太郎さん

 書き込みありがとうございます。

 山田さんが書かれている人以外で、祖父母、孫がいらっしゃらなければ、すでに亡くなられているご兄弟の代襲相続として、甥、姪の3名の方が、相続人となります。


[121] 公正証書(遺言状)が出てきた場合 
2001/3/15 (木) 23:16:34 山田 太郎
cs13515.ppp.infoweb.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 95; Yahoo! JAPAN Version Windows 95/NT CD-ROM Edition 1.0.)
  兄弟の代襲相続として、甥、姪の3名の方が、
  相続人となりことは、分かりました。

 被相続人が生前に、公正証書(遺言状)を作成しており
 その3名の内1名に、全財産を相続させる旨の事が記載
 されておりましたが、他の2名には財産を相続する権利
 は、ないのですか!?それとも、公正証書(遺言状)が
 存在していたとしても、指名されていない他の2名にも
 相続人となり得る権利はあるのか!?

 教えていただければ幸いです。

[122] Re:公正証書(遺言状)が出てきた場合 
2001/3/16 (金) 21:20:29 Kenny
ip86-15.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ 山田 太郎さん

  相続権があるにもかかわらず、遺言状などによって、その権利が侵される場合に対して、権利を主張する「遺留分権」というのがあります。

 しかし、この遺留分権は、被相続人の配偶者、直系尊属(親、祖父母)、直系卑属(子、孫)にのみ認められており、兄弟には認められていません。山田さんの場合は、兄弟の代襲相続に当たりますので、この遺留分権はありません。

 3名の相続人の間で、よく話し合われることをお奨めします。

[124] 課税対象について 
2001/3/17 (土) 00:03:55 山田 太郎
cs13547.ppp.infoweb.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 95; Yahoo! JAPAN Version Windows 95/NT CD-ROM Edition 1.0.)
 いつも親切丁寧なご回答ありがとうございます。

 公正証書(遺言状)の有無にかかわらず
 法定相続人は、被相続人から見て生存し
 ている甥・姪の3名に権利があるという
 ことでした。

 その場合は、
 5,000万円+(1,000万円×3名)=8,000万円
 8,000万円までの相続税の対象外で
 8,000万円を超えた分の遺産額が、課税対象と
 なるという考えでよろしいのでしょうか!?

 これが最後の質問になると思いますが、よろしく
 お願いします。

                   以 上

[125] Re:課税対象について 
2001/3/17 (土) 10:46:17 Kenny
ip87-189.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ 山田 太郎さん

  その通りです。基礎控除額は、実際に相続する人に数ではなく、法定相続人の数によって決まります。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79