[▲前のスレッド]

[183] 相続税と所得税について。 
2001/6/20 (水) 14:16:25 あきら
max4-ppp57.osaka.sannet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
はじめまして。
早速質問なのですが、先月に母が他界し、約2000万円ほどの保険金がはいりました。
調べてみたところ、この他に相続できるような資産がないので(土地等)コレだけならば、相続税はかからないと思われるのですが、保険金をもらうと、一時所得になり、これには税金がかかると聞きました。
この時の所得税はいくら位かかるのでしょうか。

参考までに付記しておくと、相続人は私と姉の2人です。

お手数ですが、ご回答お願いいたします。

[184] Re:生命保険の相続税と所得税について。 
2001/6/21 (木) 19:48:22 Kenny
ip85-238.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ あきらさん

 書き込みありがとうございます。

 生命保険金を相続した場合の控除額は、相続人一人あたり500万円です。ですからあきらさんの場合、1000万円になります。
 これを越えた分は、相続税の対象になりますが、相続税の基礎控除額は5000万円+(1000万円×相続人の数)ですから、あきらさんの場合ですと、7000万円ですので、課税にはならないでしょう。
 ただし、これは生命保険料を被相続人(亡くなった方)が支払っていた場合であり、もしあきらさんが支払っていた場合には、一時所得として課税されます。
 一時所得の額は、死亡保険金−既払込正味保険料総額−特別控除額(50万円)です。さらにこの金額の2分の1を他の所得(給与所得など)と合算し、これが課税所得ということになります。

 

[185] Re2:生命保険の相続税と所得税について。 
2001/6/22 (金) 00:11:21 あきら
max4-ppp46.osaka.sannet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
▼ Kennyさん

ご回答ありがとうございました。

保険料は母が払っていたので、この場合は非課税と言う事になるのですね。

お手数をかけました。ありがとうございました。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79