[▲前のスレッド]

[209] 相続・贈与についておしえてください 
2001/8/29 (水) 22:14:28 おっさん
211.12.85.251 / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
はじめまして。いま本・インターネット等をみて勉強してるんですが、
わからないところ、本を全て読みきってないところがあり、わからないことが
あります。次の質問にお暇があればよろしいですが教えていただけませんか?

被相続人=母(父は他界) 相続人=私(長男)、兄弟男2人、私の配偶者(母の養子になりました)

@まず土地の相続税の計算方法を教えてください。毎年来る固定資産税、都市計画税の明細書がありますが、
相続税の計算ではその表に書いてある固定資産税課税標準額に税率をかければいいでしょうか?
そして税率はだいたい何パーセントぐらいですか?

Aそして次に宅地の評価についてです。私は今、土地(母親名義) 家屋(私名義)で共に過ごしていますが、
相続の時には更地の評価になり、80%減の評価がうけられないのかどうかわかりませんどうなのでしょうか?
また母親名義の土地と家屋で私の弟が住んでいますが、宅地の評価引き下げはここの宅地にも適用できますか?
なおどちらも240u以内です。

B節税についてお聞きしたいです。節税の方法中に控除内の贈与が有効だと聞きますが、土地等の財産も贈与ができるのでしょうか?


 

[211] Re:相続・贈与についておしえてください 
2001/9/1 (土) 23:02:57 Kenny
ip87-79.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ おっさん

@まず土地の相続税の対象となる土地の評価は、路線価に従って課税されます。路線価は、毎年8月上旬に公表され、その年の公示価格の80%相当額とされています。各税務署におかれています。税率に関しては、相続税は土地に対して○○%といったものではなく、相続財産の全体額に対して、額に応じた税率が課せられます。

A小規模住宅の80%減額特例は、まず、被相続人の要件を満たさなくてはなりません。つまり、被相続人が相続発生直前まで「居住用」または「事業用」もしくは「不動産貸付用」に供していなければなりません。おっさんさんが現在同居しており、その形態が相続発生時まで継続し、かつそこに居住し続ければ80%減額特例が受けられます。また弟さんの場合は、相続人用件(配偶者か同居している親族)を満たせないため、80%減額特例は受けられません。

B贈与税の控除額の範囲は、年間110万円ですから、土地を対象にするのは現実的ではないでしょう。土地の名義を変更する手段としては、お母様から借金をし土地の名義変更をし、毎年返済する(この返済額に対して、年間110万円の控除を利用)する方法はあります。ただし、この場合相続の場合に適用される80%評価減の適用はありませんから、注意が必要です。



[212] Re2:相続・贈与についておしえてください 
2001/9/1 (土) 23:20:40 おっさん
L132145.ppp.dion.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ Kennyさん
> ▼ おっさん
> お答えすごくありがとうございました。すごい参考になりました。

 また今後わからないこがあれば質問してみたいとおもいます。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79