[▲前のスレッド]

[225] 生命保険金を子供に譲った場合 
2001/9/19 (水) 20:32:45 まさみ
ASAca-0115p118.ppp.odn.ad.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)
妻が亡くなり、保険金が支払われることになりました。
保険金は妻が支払っていました。
死亡時受取人は私(夫)となっています。
子供に全額を支払いたいと思っていますが、
一度私の口座に入金した後に子供に渡した場合
これは譲渡となるのでしょうか?
遺産相続と考えて良いのでしょうか?
保険金額は500万円以下。
遺族は私と子供(1人)です。
よろしくお願いします。

[229] Re:生命保険金を子供に譲った場合 
2001/9/23 (日) 18:46:21 Kenny
ip85-73.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ まさみさん

 相続に際し、奥様のすべての財産の価額に対して、相続税が課せられます。相続人がまさみさんとお子さまの2人であれば、7000万円までは、課税ゼロです。さらに生命保険金に関しては、相続人1人あたり500万円の控除があります。この範囲内であれば、税金はかかりません。
 また相続した財産をどのように分けるかは、相続人の間での話です。ですから、受取人がまさみさんであっても、そのお金をお子さまに相続させることは、問題ありません。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79