[▲前のスレッド]

[257] 定期借地権利用の建物は相続対象ですか? 
2001/10/25 (木) 08:25:00 なつこ
vb161011.ch.freebit.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします、

現在、主人と、主人の母が半分ずつの名義で、家(建物)だけを
もっております。土地は、一般定期借地権を利用しております。
そのため、2044年に、建物を取り壊し、土地は更地にして返却する
という契約です。


1)もし、母が亡くなった場合、建物の権利を相続することになるので
しょうか?
2)その場合、相続する金額は、どのような判定を行うことになりますか?
3)主人には姉がいます。相続は、かならずしも姉を分け合わない方法も
選択できますか?

情報に不足などあるかもしれませんが、ご返答をお待ちしています。。

[260] Re:定期借地権利用の建物は相続対象ですか? 
2001/10/26 (金) 21:18:57 KennyHomePage
ip84-130.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
▼ なつこさん

 定期借地権上の建物でも当然不動産としての価値がありますから、相続財産に含まれます。お母様とご主人の半分ずつの名義であれば、半分の価値が相続財産となります。家屋の評価は、固定資産税評価額が用いられます。

 お母様が万が一の場合の相続人は、お子さまであるご主人と、お姉さまのようですね。そうだとすれば、相続する権利は半分ずつということになります。分け合わないということは、通常はできません。例えば、お母様がすべてをご主人に相続すると言ったような遺言を書き、さらにそれをお姉さまが承認すると言ったようなケースであれば可能ですが。
 

[261] Re2:定期借地権利用の建物は相続対象ですか? 
2001/10/29 (月) 13:56:43 なつこ
k045002.ppp.dion.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
お忙しいところありがとうございました。教えていただいた情報から、少し書籍など読んで勉強してみます。一人で考え込んでしまったので心理的にも助かりました。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79