[▲前のスレッド]

[32] 父の土地の上に住んでいる場合の相続税は? 
2000/10/6 (金) 23:42:41 FBBH
ip86-199.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
今、父の土地(現在駐車場)に家を新築しようと考えております。
父が亡くなった場合の相続税がどれくらいになるのか知りたいと思っております。土地は34坪で、この土地を今購入しようとした場合60万円/坪位だそうです。(父はこの土地の他に現在住んでいる土地を所有しております約90坪です。この土地は兄が相続する予定です。)
概略で結構なのですがお教え頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

[33] Re:父の土地の上に住んでいる場合の相続税は? 
2000/10/7 (土) 11:57:19 Kenny
ip87-10.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
▼ FBBHさん

ご質問有り難うございます。相続税は、個々の物件に対して課税されるのではなく、被相続人(なくなった方)の持っていた財産の全体に対して、課税されます。つまり、財産全体の価額から、控除額を引き、課税価額を算出します。その課税価額に対して相続税額が計算されます。各相続人は全体の納税額を、相続財産の比率で分担します。

ちょっとわかりにくいと思いますので、仮の計算例を示しましょう。
前提
・相続財産は土地だけ
・相続人は、子供2人のみ
・土地の価額(路線価がベース)は
 1.6000万円 2.4000万円 計.1億円
 
課税価額
財産価額 1億円
控除できる価額 7000万円(=5000万円+1000万円×2(法定相続人の数))
課税価額 3000万円(他に控除できるものがないとして)
相続税  480万円
この額を 相続した比率、つまり6(6000万円):4(4000万円)で分けて、納税することになります。
ですから、6000万円の土地を相続した人の納税額は、480万円×(6/10)=288万円
     4000万円の土地を相続した人は納税額は、480万円×(4/10)=192万円
となります。

実際には、他種類の相続財産があるでしょうから、それらを合算して、納税額を求める必要があります。
ある程度の数字がわかるのであれば、概算は「心豊かな暮らしのためのマネープランニング」のホームページにてオンラインで計算することができます。また、土地の相続の場合、被相続人が居住用としていた土地に対しては、小規模宅地の減額特例という制度があります。(オンラインの計算では、これも含めて計算されます)


[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79