[▲前のスレッド]

[384] 団体信用生命保険 
2002/10/21 (月) 14:20:08 Ken
b134144.ppp.dion.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
相続税の対象に、不動産・預貯金・生命保険を考えておりましたが、
最近7000万円保証の団体信用生命保険に加入しました。普通の
生命保険と違い死亡時に現金の入金があるわけではないのに、相続
時にプラスして考えなければいけないのでしょうか。我が家は預貯
金より不動産財産が多く、もしも相続が起きた場合を考えると、生
命保険を増やすなど、対処するしかないのでしょうか。

[385] Re:団体信用生命保険 
2002/11/3 (日) 17:53:30 Kenny
adsl2244.ea.rim.or.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
▼ Kenさん

 団体信用生命保険は通常ローンなどの借り入れに対して、借りている人の万が一の場合に保険がおります。ですから、Kenさんに万が一が起こった場合には、団体信用生命保険がおりますが、それは借りているローン残の返済に回されます。
 
 不動産が多いケースの相続税対策は、保険が一般的ですが、不動産に対する借り入れを残しておくといった方法もあります。相続に際し、遺産には負の遺産、つまり借金なども合算され、相続される遺産額から借入額を控除することができるからです。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79