[▲前のスレッド]

[398] 相続税改正にあたりどうすれば・・ 
2002/12/30 (月) 13:44:16 KOMAI
yahoobb220010074209.bbtec.net / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
はじめまして。

父、子2人(私、弟)の家族です。

父には以前事業を経営していたこともあり土地資産が
ありますが、不況で会社をたたんでしまったので現金
資産はあまりありません。

この度実家に戻り、空いている土地に私が家を建てること
になりました。その時に非課税枠550万円のうち300万円
だけ頂けることになりました。

ただ300万円を税務署に非課税枠として報告しようと
思っていたのですが、このサイトの最新情報に生前贈与
に関することが載っていました。そこで迷いました。

1.300万円をそのまま申告する。
2.2500万円分の土地を生前贈与してもらう。
3.1.2の併用。

節税対策としてはどの選択が可能なのでしょうか?
またほかの対策があればぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

[399] Re:相続税改正にあたりどうすれば・・ 
2003/1/3 (金) 17:58:57 Kenny
218.45.85.222.eo.eaccess.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
▼ KOMAIさん

 1.2のどちらでも選択は可能です。

 1.の300万円を贈与した場合には、将来の相続の際、遺産には含まれません。しかし、2.の2500万円を贈与した場合には、将来の相続時に遺産に加算され、相続税が課せられます。
 つまり、現時点でのKOMAIさんの資金状態、相続発生時期、住宅ローンなどを考え、どちらかを選択することになるでしょう。
 例えば、住宅ローンの借り入れをし、その一部を今回贈与されるお金で賄うのであれば、単に税金だけではなく、ローンの金利分も考えなければなりません。その場合には、2500万円贈与を受け、ローン金額を減らすことが全体の出費を減らすこととなるでしょう。

 ただ、1.2.の両方を選択することはできません。

 新しい相続・贈与税制の概要がこのホームページにありますので、参考にして下さい。 ( http://www.tsk-web.com/fp/souzoku/souzokuinfo/zouyokaitei.htm )

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79