[▲前のスレッド]

[405] 血の繋がらない兄弟への相続 
2003/1/23 (木) 00:41:09 ばたやん
FKHnni-01S1p133.ppp12.odn.ad.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
はじめまして。
先日母が亡くなりました。(10年前に私の父と再婚)
母には連れ子が一人います。(私の弟になります)
父と母が再婚する時、弟はすでに結婚していたので
名前はそのままです。
4年前に二世帯住宅を建てました。
土地は母の名義で、建物は父と弟の共有名義です。
今回、土地を弟の名義に変えました。
建物も弟の名義にしたいのです。
売買したほうが良いと聞きました。(贈与税がかかるからと)
これが一番良い方法でしょうか?
あと父が亡くなったあとの財産ですが
その弟にも分けてあげたいです。
(父とは養子縁組してないので相続権はないです)
父の子は私(次女)と姉(長女)2人です。
どうすれば贈与税がかからず弟に分けてあげられますか?
父は遺言に書けばいいと言ってますが
贈与税はかかってくるような気がします。
宜しくお願いします。


[408] Re:血の繋がらない兄弟への相続 
2003/2/9 (日) 14:56:31 Kenny
218.231.144.169.eo.eaccess.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
▼ ばたやんさん

 まず、お母様の遺産である土地に関しては、遺産分割協議の中で、弟さんの名義にするようにすれば良いのではと思いますが、何か問題があるのでしょうか?弟さんはお母様の実子ですから、当然相続人になるはずですが。
 当然遺産の額によっては、相続税がかかりますが、売買するよりははるかに低額で済むはずです。贈与の問題にはなりません。
 
 次にお父様のケースですが、遺言書の中に相続人以外の人への相続も可能です。ただし、相続税が基礎控除額を超えた場合、相続税を払う必要が出てきますが、その場合、相続人以外の人が相続する場合には、2割加算制度があり、相続人より多くの税金(20%増)を納めなくてはなりません。この場合にも贈与の問題はありません。



[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79