[▲前のスレッド]

[410] 生前贈与相続について 
2003/2/10 (月) 18:34:36 加藤 久美子
N058092.ppp.dion.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
両親が持っている金融機関の貯金を子に贈与する計画があります。
1000万ほどだと思いますが、生前贈与は税金が高いようで・・・
やはり、相続という形の方が税金が少なくて済むのでは・・
と素人ながら思うのですが。どうなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

[411] Re:生前贈与相続について 
2003/2/11 (火) 17:43:44 Kenny
218.231.144.169.eo.eaccess.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
▼ 加藤 久美子さん

 2003年度から贈与がやりやすくなっており、現時点では次の2つの方法を選択することができます。

○ 2500万円までの金額は相続を先取りした形で贈与を受けることができます。しかし、これは相続発生時に相続財産に加えられて計算され、相続税が計算されます。相続税の方が税率が低いのでこうした制度が2003年度からできました。
○ もう一つは従来の方法ですが、これは年間110万円までの贈与は税金がかからない仕組みです。またこれは相続時にもカウントされません。

どちらをとるかは、自由ですが、前者の場合には、確定申告が必要です。


[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79