[▲前のスレッド]

[739] 家の共同名義につきまして 
2005/9/19 (月) 11:29:16 まろぷりん
YahooBB219179224046.bbtec.net / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
現在の家は持家ですが、購入時に義母が2000万、残り3500万のローンを主人が組んでおります。
よって、義母2/5、主人3/5の共同名義になっております。
その家には義母・主人・私で住んでおり、固定資産税は主人が全て払っております。
今私が不安に思っていることは、もし主人が義母より先に亡くなってしまうようなことがあった場合、家のローンは払わなくてよくなりますが、母の名義分が主人の姉妹での相続となってしまうことです。
そもそも主人がハードワークのため、早く死んでしまうのが怖いと結婚を渋っていたら家を購入してくれ、死亡時はローンを払わなくていいからということだったのですが、今色々と知識ができてくるとそういうことでもないことが分かりました。
こちらのサイトを見て知ったのですが、贈与税は2500万以上でなければかからないのですよね?
先に母などに話して贈与してもらうことが賢明なのでしょうか?
現在子供を望んでいるので、子供ができたときにはきちんと主人の名義にして頂くか、主人が義母よりも先に亡くなったりしても私へ相続してくれるようなきちんとした約束などをして頂きたいと思っております。
この場合、どのようにするのが一番よろしいと思われますか?
お手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

[740] Re:家の共同名義につきまして 
2005/9/19 (月) 22:48:16 kenny
stm8-p9.flets.hi-ho.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
▼ まろぷりんさん

 ご主人が先に亡くなろうが、義母様の持ち分に関しては、関係ありません。
 ご主人が亡くなったとき、相続権のある人は、奥様(つまりまろぷりんさん)と義母様になります。(子供がいないので)
 また、義母様が亡くなられた場合は、相続に関しては、ご主人とその兄弟が等分に権利を持つことになります。
 ですから、贈与以前の問題として、相続発生時に誰が何を相続するのかを想定する必要があります。

 贈与が2500万円以下ならかからない、というのは間違いで、贈与した分を相続時に精算できるということです。
 ですから、相続が発生した時点で、既に贈与されたものを計算に入れて、遺産相続や相続税の計算を行うことになります。
 これは、相続税が贈与税よりも一般的に低いことから、このような税制が導入され、贈与がしやすいようにした制度です。


[742] Re2:家の共同名義につきまして 
2005/9/21 (水) 00:34:06 まろぷりん
YahooBB219179224046.bbtec.net / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
▼ kennyさん

早速のご回答ありがとうございました。
もう少し詳細を伺いたく再度返信させていただきました。
 
>  ご主人が先に亡くなろうが、義母様の持ち分に関しては、関係ありません。
>  義母様が亡くなられた場合は、相続に関しては、ご主人とその兄弟が等分に権利を持つことになります。


主人より先に義母が亡くなった場合、ご回答頂いたように義母名義分は主人とその姉妹での分配となりますが、おそらく他にも財産はあると思うので、義母は家の名義は主人にそのまま相続できるよう手配してくれると思います。
義母より先に主人が亡くなった場合、もちろん私と義母が相続人となり、家の名義が私と義母になるかと思われます。
ただ、私が心配しているのはその後、義母が亡くなった場合、義母の名義分は主人がすでに亡くなっているため、主人の姉妹で分配となるので、私が住んでいる家が実質私のものではなく、下手をすると姉妹相続分の家の名義に相当する金額を支払わなければならなくなるということです。
そうなると結婚時に主人が早く亡くなるのではないか?と不安を抱き、その保証として家を購入してもらい、先に亡くなってもローンは払わなくていいから・・・と言われていた保証が全然意味のないものになるということですよね?
そのような事にならないよう今のうちに手を打っておくにはどのような方法がありますでしょうか?

>  贈与が2500万円以下ならかからない、というのは間違いで、贈与した分を相続時に精算できるということです。
>  ですから、相続が発生した時点で、既に贈与されたものを計算に入れて、遺産相続や相続税の計算を行うことになります。
>  これは、相続税が贈与税よりも一般的に低いことから、このような税制が導入され、贈与がしやすいようにした制度です。


再度確認なのですが、2500万以下であれば贈与された時点で贈与税を支払いはしますが、最終的に相続となったときにその分も合計して計算し、もし相続税より贈与の時点で支払った贈与税の方が多かった場合、超過分について返金されるということでしょうか?

ちなみに、2000万を贈与されるとしたらどのくらいの贈与税を支払わなければならないのでしょうか?
あと、現在の家の価値を確認するにはどのようにしたらよろしいのでしょうか?
度重なる質問で申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79