[▲前のスレッド]

[81] 妻の財産 
2001/1/7 (日) 16:43:21 Taka
tn-au35.ppp.ttcn.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)
こんにちわ。教えて下さい。

妻がガンを宣告され相続について相談しております。
家族構成は、夫婦と子供4人(男1人、女3人)です。

相続としては、不動産(土地と建物)と妻の生命保険1,000万円
(受取人は私本人)と妻本人名義の土地(山林)があります。

土地の持ち分は、私50/83、妻15/83、妻の母18/83
建物は1階がアパートで私名義(2,200万のローン)と
2・3階自宅部分は私1/4、妻の母3/4となっています。

ローンは、私名義で土地3,000万円と建物3,200万円(自宅
部分1,000万円+アパート部分2,200万円)があります。

私たちは、できる限り多くを長男に相続させたいと考えております。
土地及び建物の評価額は不明ですが、相続の基礎控除9,000万円
以下であることは間違いないと思います。

さて、教えていただきたい内容は
1.私の持ち分として登記した部分をどの程度妻の持ち分として長男に
  相続可能なのか?
2.長男は現在ほとんど無収入ですが、相続した次年度は所得税と住民
  税が徴収されると思いますが、できる限り少額にする方法はありま
  すか?
  (妻の父が亡くなったとき土地を相続し徴収されたはず?)
3.妻の母は現在健在ですが、亡くなった場合はどのような相続になる
  のでしょうか?
  (妻の母の子は、妻と妹:配偶者ありの2人)

以上よろしくお願いします。

追伸:このような内容はどこに相談するのがよろしいのでしょうか?
   また、費用はどの位なのでしょうか?
   市民相談室などで扱っていただけるのでしょうか

[82] Re:妻の財産 
2001/1/7 (日) 23:00:29 Kenny
ip84-238.fli-urw.psinet.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
▼ Takaさん

 書き込み有り難うございます。
 まず確認しておきたいことは、財産評価額が9000万円以下であることです。その場合には、Takaさんの書かれている通り、相続税はかからないからです。
 それを前提に、それぞれのご質問にお答えします。

1.現在Takaさんの名義になっているものを、ご長男に名義変更することは、贈与にあたります。ですから、贈与税は支払わずに、変更することはできません。ただし、来年度より年間110万円(2000年度までは60万円でした)までが非課税となります。

2.相続税は、相続人が相続した財産全体に対して課税されます。そして納税額を相続した額に応じて相続人が支払うわけですが、Takaさんの場合、相続そのものに課税されませんから、ご長男にも課税はされません。奥様のお父様が亡くなられたとき課税されたとすると、それは財産価額が基礎控除額を上回っていたのではと思います。

3.法定相続人が、「親1人」「配偶者」「子供4人」の場合、法定相続分は、配偶者2分の1,子供が8分の1づつということになります。しかし、遺言がある場合や、相続人が話し合いで合意に達した場合は、法定相続分通りでなくても、もちろん構いません。

 また、こうした件をご相談されるには、
相続そのものについては弁護士さん、税金については税理士さん、また事前準備や他のお金との関係など全般的なことがらについてはファイナンシャルプランナー、手続きに関しては司法書士さんにご相談されるといいでしょう。



[84] Re2:妻の財産 
2001/1/9 (火) 19:41:45 Taka
tn-ah17.ppp.ttcn.ne.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)
Kennyさん回答ありがとうございます。
次の点再度ご質問いたします。

> 2.相続税は、相続人が相続した財産全体に対して課税されます。そして納税額を相続した額に応じて相続人が支払うわけですが、Takaさんの場合、相続そのものに課税されませんから、ご長男にも課税はされません。奥様のお父様が亡くなられたとき課税されたとすると、それは財産価額が基礎控除額を上回っていたのではと思います。
>

相続税が財産評価額以内であっても、長男にとっては一時所得となりますが次年度の所得税・住民税が徴収されると言うことはないのでしょうか?

> 3.法定相続人が、「親1人」「配偶者」「子供4人」の場合、法定相続分は、配偶者2分の1,子供が8分の1づつということになります。しかし、遺言がある場合や、相続人が話し合いで合意に達した場合は、法定相続分通りでなくても、もちろん構いません。
>

前回の質問内容に書き足りない部分があったようで私の期待していた回答とは違っていました。
妻の相続が終わってから義母の相続が発生した場合です。
遺言がない場合、私は義母の相続人にはなり得ないと思いますが孫である私の子供たちはどのようになりますか? 場合によっては義理の妹から購入することになるのでしょうか?

[85] Re3:妻の財産 
2001/1/10 (水) 14:59:28 Kenny
px.asahi-kasei.co.jp / Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
▼ Takaさん

Q:相続税が財産評価額以内であっても、長男にとっては一時所得となりますが次年度の所得税・住民税が徴収されると言うことはないのでしょうか?
A:受け取る財産が相続であり、基礎控除の範囲内であれば、課税されることはありません。
 
Q:前回の質問内容に書き足りない部分があったようで私の期待していた回答とは違っていました。妻の相続が終わってから義母の相続が発生した場合です。遺言がない場合、私は義母の相続人にはなり得ないと思いますが孫である私の子供たちはどのようになりますか? 場合によっては義理の妹から購入することになるのでしょうか?
A:奥様の相続の後に、義母様の相続が発生した場合は、義母様に配偶者がいなければ、その子供に相続されます。この場合、子供が死亡している場合、その子供(つまり孫)に相続権が発生します。(代襲相続と言います)

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.79