絶対評価についてどう思いますか?

校の評価が絶対評価に変わりましたが、どのよう変わったのでしょうか。
これまでの評価と比べて、何が変わりましたか? 
子供の反応はいかがでしたか? 
評価は妥当だと思いますか? 
皆さんのご意見・ご感想をお寄せください。




これまでのテーマ
 
7.学校の完全週休二日制には賛成ですか?反対ですか?
日本の子供の学力低下が叫ばれる中、学校が完全週休二日制に移行しようとしています。
一方で、私立学校の土曜日登校、飛びつき入学制度の採用とったニュースが飛び込んできます。
子供らしくのびのび育てたいと考えながら、一方でよい教育を受けさせたいといった悩みを多くの方がお持ちと思います。
一緒に考えてみましょう。



6.子供の勉強は「ほめて」その気にさせる?「叱咤激励」する?
子供の勉強に関しては「ほめて」よい点を伸ばす方に重点を置くべきでしょうか?
それとも「叱咤激励」して、足りない点に気づかせ、それを補う方に重点を置くべきだと思われますか?
あなた自身は「ほめるられる」「しかられる」どちらがご自分にとって効果的だったとお考えでしょうか?

また、お子さんに対してどのような方針で
していらっしゃいますか?そしてその効果はいかがですか?
どうぞ具体的な例をあげてくださっても結構ですのでいろいろなご意見、ご経験をご自由にお書き下さい。



5.小中学校の教育で、重点を置くべき事は、学力向上でしょうか?個性の伸長でしょうか?
ゆとり教育が言われる中で、日本の大学生の学力低下も様々な場面で問題視されています。やはり学力向上をもっとすべきなのでしょうか?
それとも子供の個性を生かす教育を考えるべきでしょうか?
みなさまのご意見、お考え、実際にご自分のお子さまの教育に対して、望んでいらっしゃることなどをお書き下さい



4.中学、高校は、公立と私立のどちらを選択しますか?

学習レベルの低下が問題になっている昨今、特に公立中学、公立高校における諸問題は
みなさんから寄せられるメールなどでも関心の高さを物語っています。
今回は公立、私立それぞれの特徴・問題点をふまえ、みなさんのご経験やお考えをお聞か
せいただけたらと思います。
そして、これからその選択をお考えの方々の参考になればと思います。



3.子供が勉強をしない時、親が『勉強しなさい』と言いますか?

 
文部省の国際比較調査によると日本の家庭では勉強しなさいとよく言う親は、父親で二割弱、母親で四割弱にとどまり、
アメリカ、イギリス、ドイツ、韓国に比べて最も少ないという調査結果が最近報告されました。(朝日新聞) 
 みなさんの家庭ではいかがでしょうか? どんな時に、どんな場面で「勉強しなさい」と言うのでしょうか。または、言うのを我慢するのでしょうか。



2.学校以外での子供の勉強は、誰が教えるの?
 最近のお受験騒動には、いろいろな面で子供の教育を考えさせられるものがあります。幼児教育の行き過ぎや、
親が子供に勉強を教えるために勉強したり、かと言って、学校だけの勉強では、学力低下が免れなかったりで、
親としても子供の教育をどのように考えていけばよいのか難しい選択を迫られていると思います。
本当にあるべき姿はどのようなものなのか、是非、皆さんの意見をお寄せ下さい。



1.子供と親との間で受験志望校が異なったら?
 
私の塾でも良くあるケースなのですが、親は大人の目で、大人の価値観で、子供の進路を考えます。それは当然のことだと思います。
しかし、子供は子供なりの視点で例えば、制服がかわいいだとか、友達が受験するからだとか、
スポーツが強いからだとか、女子校は嫌だとか、諸々の理由で、親とぶつかり合います。
みなさんのご家庭では、このような問題が起きたらどう対処しますか?みなさんのご意見をお待ちしています。