住宅取得のプランと資金トップページへ
相続と贈与

〜お役立ち情報〜




 遺言の種類と作り方


遺言書の種類と特徴

  作 成 法 特  徴
長 所 短 所
自筆証書遺言 本人が遺言の全文・日付(年月日)・氏名等を書き押印(認印化)する
※ワープロ・テープ可
作成が簡単。
内容はもちろんのこと遺言書の作成そのものを秘密にできる
紛失・改ざんの恐れがある 。
字の書けない人にはできない
公正証書遺言 本人が口述し、公証人が筆記する
※必要書類
○印鑑証明
○身元確認の資料
○相続人等の戸籍謄本、登記簿謄本
紛失・改ざんの恐れがない。
遺言内容を争われたり、無効とされることが少ない。
字の書けない人でも可
費用がかかる。
手続が面倒。遺言内容を秘密にできない

※公証人役場で行い、証人が2人以上必要。
秘密証書遺言 本人が遺言書に署名押印の後、遺言書を封じ同じ印で封印する。公証人の前で本人が住所氏名を記す。公証人が日付と本人が述べた内容を書く。
※ワープロ、代筆可
遺言の内容を秘密にできる。
改ざんの恐れがない。
署名捺印できれば字の書けない人でも可
手続きが面倒。
遺言の存在は秘密にできないが、内容の秘密は保たれる。


このページのトップ(目次)へ


Copyright(C) 2001 TSK All rights reserved